RADEON9800pro 128MB


ちょっと古いネタですが、
先週土曜に治験帰りで秋葉原寄ったときT-ZONEでビデオカードを買ってきました。
SAPPHIRE ATLANTIS RADEON 9800 PRO

radeon9800pro.jpg

事前にVALUESTAR TZスレで動作確認した報告を元に探しに行ったのですが、お目当てのRADEON 9600XTファンレスや9600proファンレスは見つからなかったので、選択の仕切り直しを計ることに。


水冷PCなので、静粛性が必定の課題でした。その上でそこそこ優等生レベルには動くものを。
Radeonでのスコアは
6800GT(10957)>X800Pro(10093)>6800無印(9072)
>9800Pro(5956)>5900XT(5500)
>9600XT(3919)>9600Pro(3518)>9600無印(2518)>9600SE(1661)>5200無印(1550)
9800proのファンレスはほとんど流出していない。9600はどこもファンレス。
店員の話を聞くと、9800proと同価格帯にHDMI出力をサポートするX700があるが、どうやらPCI-Expressベースのカードであり、変換器をかますのでロスが生じるとのこと。
最終的に
9800pro: ファン有り、スコアそこそこ、1.4万円
9600: ファンレス、FFXIとかやらない限りは充分、9000円
の2択になったのですが、SAPPHIREのファンが小さめということと、「大は小兼ね」理論により9800proを買いました。
早速家に帰って久しぶりに筐体を開けたらほこりがかなりたまっていたので掃除してからカードを指す。

kyoutai.jpg

これが筐体なのですが、ミニタワーとはまた違った独自構造なのでマザボがL字型になっております。
ビデオカードを指すのは下の狭いスペース。空気循環なんてあるはずもありません。
無事取り付けて起動すると、意外に音が小さかったので懸案の静粛性もとりあえずは問題ない。FFXIのヴァナディールベンチ3のHighをやると、軽く4000は超えてくれたので一応満足したのですが、
WMVを再生すると動画にちらつきがかなり見られたので、ドライバをアップデート。
あとラグナロクバトルオフラインがオンボードより逆に重くなったりしましたが、設定改善によりなんとかましに。
しかし、何も重い作業をしなくてもファンスピードが変わっていないようなので、ケース開けてのぞいてみると、異様に高熱を発するビデオカードの姿が…。
、だからねぇ。。。
暫定措置として、今は横の板を取り外して扇風機の風を直接あてています。
埃がたまりそうで怖いのですが。
ビデオメモリも異様に熱を持っているので、ヒートシンクをつけないといけないっぽいですわ。

This entry was posted in Diary. Bookmark the permalink.