俺のフレンチ Table Taku へ行って参りました!


新橋・銀座エリアで魚金と並んで店を増やしている俺イタ・俺フレの新店、「俺のフレンチTable Taku」の開店日に行って参りました!

もうあらゆる料理にキャビア、トリュフ、フォアグラが当たり前のように入っているのに破格すぎて。
今回は自転車クラスタの知り合いのさらに知り合いの女性とその会社の同僚、僕の友人という4人で食べ飲み尽くしました。

まずは乾杯。
乾杯のシャンパン@俺フレTable Taku
スパークリングで600円、シャンパン(バロンアルベールブリュ)で980円、グラスでなみなみ!
 
 
アミューズのオリーブ@俺フレTable_Taku
アミューズはオリーブ。
種入りで濃厚な味付け。
 
 
ホロホロ鳥のガランティーヌ@俺フレTable_Taku.jpg
「ホロホロ鳥のガランティーヌ」。
これも濃厚。
 
 
生ウニのエスプーマ_オマール海老とキャビアのジュレ@俺フレTable_Taku
「生ウニのエスプーマ オマール海老とキャビアのジュレ」。
下の写真のように海老とキャビアがそこにたっぷりと!
 
 
生ウニのエスプーマ_オマール海老とキャビアのジュレ@俺フレTable_Taku (2)
 
ここまでが冷菜。
 
 
ホタテ貝とセップ筍のキャベツ包み@俺フレTable_Taku
温野菜は次の一品。
「ホタテ貝とセップ筍のキャベツ包み」。
 
 
ホタテ貝とセップ筍のキャベツ包み@俺フレTable_Taku (2)
中に大きなホタテ貝がーーー。
旨みが濃縮されてるウゥゥ!
 
次の4品はスペシャリティ(メイン)です。
 
オマール海老_2種の調理方法で@俺フレTable_Taku
「オマール海老 2種の調理方法で」。
ひとつが生姜風味、もうひとつがにんにく風味の焼き方。ぷりぷりですな。
 
 
オマール海老_2種の調理方法で@俺フレTable_Taku.jpg
 
 
オマール海老_2種の調理方法で@俺フレTable_Taku.jpg (2)
身がたっぷり!
 
 
フランス産ウズラのフォアグラ包み_トリュフソース@俺フレTable_Taku
「ウズラのフォアグラ包み トリュフソース」。
これはウズラらしく脂が少なくさっぱりとした肉質。
しかしトリュフソースをパイと和えることで濃厚な味に変化!
 
 
和牛ザブトンのバイヤード_赤ワインソース@俺フレTable_Taku
「和牛ザブトンのバイヤード 赤ワインソース」
1頭から数百グラムしかとれないザブトンですよ!
やわらかいです、やわらかいですう。
 
 
和牛ザブトンのバイヤード_赤ワインソース@俺フレTable_Taku (2)
 
 
ビュルゴー家シャラン鴨胸肉のエピス風味@俺フレTable_Taku
「ビュルゴー家シャラン鴨胸肉のエピス風味」。
ここまで大ぶりかつ生な鴨肉は初めてでした!
しかもくさみが極限まで抑えられてるのに脂はのってるので、もうどんどん食べられる!
 
 
限定鉄鍋ご飯_蟹ピラフ@俺フレTable_Taku
「限定鉄鍋ご飯 蟹ピラフ」。
ピラフというかほぼパエリアでしたが、ご飯にすっごい蟹の汁が染みこんでてよだれがとまらないとまらない!

(さっきから濃厚ばっかり言ってますが、調子にのってワイン飲みまくっていたので理性がありませんでした)

その他ワインを2本空け、デザートまでいただきましたが、4人でお会計25k円!
大味な料理が多い感じでしたが、この価格で本来食べられるものじゃない。
大変満足いたしました。

唯一の不満点は、2時間制なので、落ち着いて食べられないことですね。
もう少しコースっぽく一品をゆっくり味わって食べたいのですが、狭いテーブルにどんどん料理が来るものだから、皿をどんどんあけなければいけない。

This entry was posted in Diary. Bookmark the permalink.