「中央区日本橋人形町の黒天丼」の店


孤独のグルメ Season2「中央区日本橋人形町の黒天丼」の店に行ってきました。
創業60年を超える、「天ぷら 中山」さん!
水曜夜に予告を見て、翌日には行っているというミーハーっぷり。

DSC01786
人形町交差点から徒歩4分ほどの路地。
会社的には後輩ですが、自転車ロングライダー的には先輩にあたるばる子さんと一緒に19時半頃入店。

入ってカウンターに案内され、予告にでも出ていた天丼を頼み、
先にお刺身を出してもらいます。

DSC01780
刺身盛り合わせ。
たこ、鯛、まぐろ、いか、数の子。
たこが透明度高くて、歯通りがすごくいい!以外は割と普通の刺身でした。
まあ天ぷら屋で、さらに夜なのでそこまで期待してはいけない。

DSC01781
お味噌汁。
しじみの味噌汁でしたが、なんと柚子がしぼってあるのです。 香りが立って爽やかに!
これは今度自分でつくるときに流用させてもらいましょうw

DSC01782
じゃーん!

DSC01783
じゃじゃーん!
通称「黒天丼」と呼ばれる天丼!
黒いのは、砂糖を焦がしたせいですね。醤油分も、砂糖分も普通の天丼よりゲージが振り切れてる感がありますが、香ばしさがすごいすごい!
みなさんが食べたことあるものにたとえると、醤油煎餅に似たような感じでしょうか。砂糖醤油につけて、それをじっくり焼き上げて。
そんな香ばしさ、それから味の強さが天ぷらに染み渡っておりました。
具は海老が2本と、アナゴと白身魚(たぶん鱚かな?)が載っておりましたー。

今回はばる子さんが、酒飲めないのでやめていたんですが、このお店はビールや日本酒かたむけながら、
単品で天ぷらを頼むのが一番楽しそうなお店でした。
なんせ、天ぷら単品で100円~200円で、頼むとすぐに揚げてくれる!
アスパラやなす、いも、はすといった野菜をはじめとして、魚だとめごち、またアワビもありました。
隣の人が、テーブルに載ってる食材を揚げてくれって頼むのを見ると、自分も食べたくなる!
そういうお店。

そうそう、放送後の翌日にもかかわらずみんな場所をすぐ特定したのでお昼から大繁盛していたようで。
女将さんがいろいろ語ってくれました。
昼のご飯が足りなくなったり、夜、僕たちが食べている海老も本来の海老ではなく、間に合わなくなっていつもより大ぶりの海老を使っていたり、
僕の次に注文していた方(あのGF団のKさん!)でまたご飯がなくなったりと。
人が押し寄せ、美味しそうに食べる様子をすごく嬉しそうに語っている女将さんたちを見ていると、客を大切にしてくださってる感が伝わってきて非常に温かい気持ちになりました。

今度はゆっくり食べに行きたいですねー。
人形町の老舗らしい良い飲み屋です。

This entry was posted in Foods. Bookmark the permalink.